共立産業株式会社 オフィシャルWEBサイト
  ホーム 英文ページ  
 
 
  採用情報
環境宣言 未来の地球のために
 
>>Topics top page
 
   
 
コラボさいたま2005レポート
 
2005年11月17日
■さいたま新都心に集う
さいたまスーパーアリーナ
さいたまスーパーアリーナ
「コラボさいたま」は、さいたま市を拠点として積極的な事業活動を展開している商工業者の展示会です。今回で4回目の同イベントは、年々盛り上がりを見せ、今年も200を越える企業が出展しました。環境関連、精密機器、工芸品、物産など様々な企業が集い、訪れた人々にアピールしました。

■さらなるビジネス展開を求めて
共立産業は昨年に続く2回目の参加となります。「精密機器や先端技術のゾーン」内で当社の技術・製品を披露しました。「コラボさいたま」への参加は、新たなビジネスチャンスを生み出す貴重なプレゼンテーションの場です。また、一般の方々とのふれあいの中で、当社の製品を認識していただける数少ない機会であると考えています。
共立ブース
地域とのつながりが出来ることで、新たな世界がひろがる。
ブース内ショーケース
様々な分野に対応する当社ゴム製品。
光るリングに興味津々の子ども
光るリングとゴムボール(砂糖の固まりを砕く業務用)を先着200名様にプレゼントしました。リングの光る様子に興味津々の子どもさん。

■オイル漏れなしの実演「KMシール」
ゴム製品製造の当社製品は工業、医療、レジャーなど様々な分野で多岐にわたって、ご利用いただいています。今回の展示では、クランクシャフト・オイルシール「KMシール」を中心に紹介しました。この製品はオイルシール最大の課題である、オイル漏れを完全に防止できるものです。また、左右どちらの回転にも対応することで、自動車部品のみならず、一般産業機械等、広範囲な活用が可能となります。
KMシールの実演
二層構造の「KMシール」による実演
充填材配合の耐摩耗性の高い本リップの内側に、耐摩耗性の低い補助リップを重ねている。この充填材なしのフッ素樹脂は、すぐに摩耗する性質を持ち、同時に加工痕も消えていく。相手軸が二層目のオイルシールに密封されるまでの時間を短縮でき、オイル漏れを完全に防ぐ結果につながる。
表面に、内側の耐摩耗性の低いフッ素樹脂が摩耗した粉が、白く付着しているのがわかる。
KMシール
KMシール

年々、エンジンオイルは省燃費追求のため、低粘度化されており、油というより薬品化しています。「KMシール」は、このようなオイルに対応する素材として、耐薬品性に極めて優れているフッ素樹脂を使用しています。このオイルシールの特徴は、フッ素樹脂を性質の異なる二層にした点です。
機械加工の必要なフッ素樹脂は、加工の課程で無数の加工痕が発生し、それによってシール(密封)性が落ちるという弱点がありました。「KMシール」はフッ素樹脂を二層構造にしたことで、この欠点を解決しています。
この画期的なオイルシールの実用化促進に向けて、自動車メーカー等との折衝にも動き出しました。現在はフェラーリ社(伊)との話し合いの準備が進められています。
 

【関連記事】
コラボさいたま2005 (http://www.collabo-saitama.com/)
 
 
 
キョウリツパーフロ
 
 
(C)2005 WebSite Copyright KYORITSU Co Ltd,WebPublishing - All right reserved.